FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
「誰でも」キャンペーン中。
hp_thai_01.jpg


☆キャンペーン情報☆
http://www.bb-c.co.jp/wbook/webbook.php?path=200801/miyako/&rev=on
フリーペーパー「BB.COM」市内コンビニ、空港などでも無料配布。
1月号(12ページ)をご覧ください。
スポンサーサイト
【 2009/01/01 01:01 】

|  ~ ごあいさつ ~ | コメント(3) | トラックバック(0) |
移転のお知らせ
こんにちは。
皆様、お元気でお過ごしのことと存じます。
この度これまでご利用頂きました弊院ですが、新店準備のため7月21日をもちまして、閉店させていただきます。
1年余り皆様には、大変お世話になりました。
ありがとうございます。
(※ これまでのポイントカードは、不足のないよう、按分・精算させて頂きます)

●新店舗「タイマッサージ宮古」 (沖縄県)
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   本店;オレンジ色の看板が目印 <専門店>
      http://ameblo.jp/thai-m-miyako/
     (城辺福里1385)
   ざわわ・ポーチャイ店 <宿泊・喫茶>
      http://www.migresort.com/
     (城辺福里1792-3)  
   オーシャンリンクス・吉野店 <ゴルフ・レストラン・浴場>
      http://www.ocean-links.co.jp/
     (城辺保良940-1)
   ペンション・あらぐすく店 <宿泊>
      http://www2.miyako-ma.jp/wajin/
     (城辺新城1123-10)
    ・代表TEL  0980(777)399
    ・お急ぎTEL 090-2838-1078
(ソフトB)
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以後、どうぞよろしくお願いします。
【 2008/12/31 23:30 】

|  ~ ごあいさつ ~ | コメント(2) | トラックバック(0) |
あきらめていませんか?
 ・・・3回試してダメなら【ヤブ】と言ってください。

当院には種々の難病の方が来られています。
一度で良くなる方もいれば、回を追うごとに良くなる方もいらっしゃいます。
 ⇒ 下記の症例を参考にして下さい。
詳しくは予約状況表に合わせて、電話などでお問合せいただいても結構です。

【相性】が合うかどうか、まずはご確認ください。93b29ceb.gif
啐啄同時;そったくどうじ)
【 2008/12/31 23:20 】

|  ~ ごあいさつ ~ | コメント(0) | トラックバック(0) |
Profile(つづき)
68d2b7e8.jpg【自己紹介】
 升田 武(ますだたけし) 35才

1991.4月 山口県の大学へ進学。
1995.4月
  コンビニエンスストアチェーン本部に
  就職。
1998.10月
  経営コンサルタント会社に就職。
2001.7~10月、02.1~2月
  本場タイの古式マッサージ習得のため
  留学。
  ●ワットポー・マッサージスクール(タイ政府認定)、
  ●オールドメディスンホスピタル・マッサージコース修了
2002.3月 内閣府認証NPO法人日本成人病予防協会
  ●健康管理士一般指導員 認定
2002.4月 大阪にて出店。
  同時に、日本整体心理学研究所(現シ゛ャパン.ヘルスサイエンス
  専門学院http://www.j-hsc.com/detail.html)に入所。
  「オステオパシー(●カイロプラクティック
  ●頭蓋仙骨療法、●内臓マニピュレーション
  ●トリガーポイント・●筋筋膜リリース療法
  ●カウンターストレイン)」「●中国式整体術
  「●アドラー心理学」を習得し、専門領域を広める。
2005.2月 大阪府豊中市蛍池東町へ移転。
2005.3月 日本整体心理学研究所(3年課程:約2,900時間)修了。
  ●解剖実習28時間(大阪医科大にて、検体を用い実施)
2006.4月 福岡市博多区(博多警察署前)へ移転。

以上の経験を活かし、それぞれの患者さんの症状・要望に適したテクニックを用います。

  【 期待を上回るサービス 】をモットーに施術いたします!
【 2008/12/31 23:00 】

| Profile(つづき) | コメント(0) | トラックバック(0) |
今週の予約状況(7/9-7/23) ・・・7/13現在
      09 10 11    12 13 14   15 16 17   18 19 20    21 22 23
      月 火 水  木 金 土  日 月 火  水 木 金  土 日 月
朝9~1じok ok ●  ok ok ok  ※ ※ ok   ● ok ok  ok × ×
昼1~5じ● ● ok  ok ● ok  ※ ※ ●   ok ok ●  ok × ×
夕5~9じok ok ok  ok ok ※  ※ ※ ok  ok ok ok  ※ × ×
(●:法人予約)
今週は、上記のようになっています。

「ok」の時間帯でご予約いただければ、確実に枠をお取りできます。
「※」は 、時間外でもご予約を受付けします。ご相談下さい。
「×」は、出張のためお休みを頂きます。
 受付/お問合せは、 
75a3891e.jpg 
 ℡092-401-0200
【 2008/12/31 22:00 】

| 今週の予約状況 | コメント(0) | トラックバック(0) |
♪ 新コース、できました。
     cc7e7552.gif






【新コース/料金】のご紹介
♪     足むくみ改善コース
         (20分1,490円)
♪♪    夏バテすっきりタイ古式コース
         (30分2,000円、45分2,980円)
♪♪♪   骨盤リセット+深層筋エクササイズ
         (60分3,980円)
♪♪♪♪  腸セラピー+脳セラピー
         (80分4,980円)
♪♪♪♪♪ 宮廷デトックス
         (100分5,980円)

・ 店内には、着替えを準備しております。
・ スカートやスーツのままでもご利用できます。
・ ご紹介割引など各種特典ございます。
   みなさまのご利用、お待ちしております。
【 2008/12/31 21:30 】

| 料金など、コース紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) |
施術エリア①
39d28205.jpg着替えを準備しております。
(お昼休みやお仕事帰りなど、カッターシャツやスカートでも気にせずにご来院ください)
【 2008/12/31 21:00 】

| 写真(院内) | コメント(0) | トラックバック(0) |
新聞掲載されました。
ac5f0da4.jpg(←写真をクリックするごとに、大きく表示されます;2段階)


西日本新聞【ふくまる】5月号「オススメエリア情報」にTOPで掲載されました。
(06/05/18発行)
【 2008/12/31 20:00 】

| 写真(院内) | コメント(0) | トラックバック(0) |
●治験例(10) アキレス腱の痛み
30代女性。職業;パン屋さん勤務
身長155cm,体重45kg お酒:○,タバコ:×
【悩み】
アキレス腱(特に左足)が痛む。勤務後に、症状悪化。2か月前に発症。今の勤務先になってから痛み出した。動き回る仕事のせい・・?

【視診・問診・検査】
*表情は、穏やか。日常生活には、支障なし。
*血圧;85/60(脈拍60)
*既往歴;手術等も無し。
*熱感;無し。
*勤務先(パン屋)床材;硬い。
*履物(仕事中);運動用シューズ(クッション性有り)
*足のサイズ;21.5cm
*他の従業員;アキレス腱の症状は無い。
*左右差;右側のふくらはぎに凝り感有り。

【方針】
 ケガ(既往歴)もなく、他の従業員にも症状はない。履物も、クッション性有り。アキレス腱に対する普段からのケアは万全であり、問題は見当たらなかったが、ひとつだけ今履いている『靴』に気になる点があった。

21.5cm。
このサイズの靴は、なかなか見つからないらしい。大人用は、22.5~。子供用は、それ(21.5)よりもはるかに小さい。よって今は、少々ブカブカな靴を履いている。

このぐらつきによる「疲労」が他の従業員に比べて余分な疲労となっている、と考えた。

⇒ 現在でも日々、小さな「急性炎症」が起きている。
基本は、【冷やして】【安静】。これを最重視して、施術することにした。

右側に凝り感があったのは、左側の痛みをかばって右足荷重となっていたことが推測される。

【施術】
 まず、アキレス腱に関する筋のトリートメント。
(1)姿勢維持筋である「ヒラメ筋」。
その後、(2)運動(歩行時)時に使用する「腓腹筋」「長指屈筋(群)」を優しくトリートメント。

足関節(あしくび)~足指先にかけての関節内の疲労物質の除去。

最後に、テーピング。
ここでは、アキレス腱部~膝にかけて「キネシオテープ(※)」を貼る。これにより【安静】を作りだす。

20分の施術を終え歩行してもらうと、ずいぶん軽くなった。
という感想を述べられました。

※キネシオテープ:茶色のテーピングで、伸長性がある。完全な「固定」ではなく、伸びるため可動性がある程度必要な箇所で用いられる。

【分析】
 この場では、「硬い床」と「ブカブカな靴」は再現できなかった。しかし、かなりの好感触をつかんだ様子だった。

【指導】
◎ 靴の中敷き/購入
 (他の従業員にも同じ症状がみられれば、床材の問題が大きいとみたが、そうではない。よって、自らの『足まわり』を見直す。「靴下の重ね履き」や「中敷き」などで、ぐらつきを減らす。今後、マッサージ等でコストが生じることを考えれば、多少高くても靴を新たに購入することも、選択肢の一つ)
◎ アイシング(冷湿布/塗るタイプの抗炎症剤/コールドスプレーなど)
 (勤務後に、その日の疲労を取ってあげる。現状何もケアしていないので、入浴後のアイシングで様子をみる。必要であれば、勤務中も取り入れる。)
◎ テーピング(茶色・キネシオ)
 (疲労した筋肉の補助。)
◎ 青竹踏み
 (疲労している筋肉。その周辺筋肉を元気にし、疲労感を押さえる)

※ 注意:この【施術】法は万人向けではありません。
 ⇒ このように当院では、個々人に合わせて【施術】法を選択しますので、施術前には必ず【問診】【検査】そして、【施術】法の確認(説明・合意)を行います。
   
  この内容についてご不明な点は、電話などでお尋ねください。
  症状の悪化を未然に防ぐために、医療機関でのレントゲン/血液・尿検査も併用しています。
【 2008/12/31 19:30 】

| 治験例 | コメント(0) | トラックバック(0) |
●治験例(9) 左肩の痛み
40代男性。職業;漁師
身長170cm,体重75kg お酒:○,タバコ:○
【悩み】
左肩がうずく。一年前に、脱輪した車を何人かで抱えあげた。その時の痛みが、1か月前から再発。他に、これといった原因はない。

【視診・問診・検査】
*表情は、穏やか。日常生活には、支障なし。
*既往歴;手術等も無し。
*趣味・運動;船釣り
*熱感;無し。
*稼動域検査(ROM);左肩関節の後屈、外転制限あり

【方針】
 左肩前面(深部)に痛みを訴える。「稼動域検査」より、三角筋(前部)の筋挫傷を疑う。挫傷部の『冷却(興奮させない)』『安静』を目指す。

【施術】
 まず、三角筋を刺激しないように、肩甲骨周囲筋のトリートメント。これにより、挫傷部の『安静』が期待できる。その後、挫傷部(三角筋)を制痛位に優しく運び、90秒。「カウンターストレイン(法)」を行う。

もう一度、稼働検査。
⇒最初より痛み度数が「10」→「5」まで、低減。左肩関節の後屈位で、痛みが残る。

「上腕二頭筋」
力こぶを作る筋肉。この筋肉が、傷んでいる様子。と話すと、
 「釣りのし過ぎ?」と本人談。

先月から釣りシーズンに入り、一日6時間。竿を握りっぱなし。利き腕が右なので、左手で竿を持ち、右手でリールを巻く。
 「釣りの後に肩の痛みが悪化する」
とまた、本人談。

こちらも、軽めのストレッチとカウンターストレイン(法)を実施。
もう一度、稼働検査。
⇒最初より痛み度数が「5」→「2」まで、低減。
 肩関節も、ぐるぐる回るようになり、声の張りもある。表情も明るい。

最後に、テーピング。
ここでは、上腕二頭筋部に「キネシオテープ(※)」を貼る。日常生活で、腕を使わないことは通常ありえない。よって、疲労を最小限に抑えるために、実施した。

※キネシオテープ:茶色のテーピングで、伸長性がある。完全な「固定」ではなく、伸びるため可動性がある程度必要な箇所で用いられる。

【分析】
 当初、稼働検査では「三角筋」だけの筋挫傷と思ったが、実際は釣りによる「上腕二頭筋」の挫傷の割合が大きかった。船釣りは揺れるため、腕だけじゃなく、下肢など全身疲労も発生する。よって、疲労を感じる“脳”へのケアも今後、必要と考える。

【指導】
◎ アイシング(冷湿布/コールドスプレーなど)
 (釣りの直後は、熱感を持っているため、冷やすことでまず痛みを押さえる。釣りの最中でも有効と考える。)
◎ テーピング(茶色・キネシオ)
 (疲労した筋肉の補助。)
◎ ストレッチ(準備/整理体操)
 (全身体操が望ましいが、今回痛みの出ている左肩部。特にこちらの筋肉の疲労物質をこまめに取り除く。そうすることで、痛みの予防を期待する。)

※ 注意:この【施術】法は万人向けではありません。
 ⇒ このように当院では、個々人に合わせて【施術】法を選択しますので、施術前には必ず【問診】【検査】そして、【施術】法の確認(説明・合意)を行います。
   
  この内容についてご不明な点は、電話などでお尋ねください。
  症状の悪化を未然に防ぐために、医療機関でのレントゲン/血液・尿検査も併用しています。
【 2008/12/31 19:00 】

| 治験例 | コメント(0) | トラックバック(0) |
●治験例(8) 背部痛による呼吸困難
30代女性。職業;会社員/主婦。子供(3歳児)
身長165cm,体重50kg お酒:×,タバコ:×
【悩み】
今朝、急に背中(右側)が痛くなった。子供(3歳児)を抱っこしたせい。しばらくすると治ったが、その夜再発。今回(夜)の方がより痛む。息がしづらい。

【視診・問診・検査】
*何をするにも、痛そう。冷静でない。浅い呼吸をするのがやっと。
*お辞儀も、(腰の)のけぞりもどちらも辛い。安静(制痛位)は、右側臥位。
*これまで、こんなことはなかった。旅先での疲労(はしゃぎ過ぎ?)も、原因としてありそう。
*既往歴;手術等も無し。
*趣味・運動;フラダンス。
*熱感;右背部にあり。
*呼吸検査;深呼吸をすると、吸気時(吸うとき)、痛みが発生。
*経絡(ツボ)検査;右肝経が実(+)。

【方針】
 まずは、『痛み』を押さえる。急性の症状であり、熱感もある。よって、急性炎症の可能性ありと判断。

【施術】
「アイシング」を実施(洋服の上から、タオルを乗せ、氷袋を5分間当てる)。
⇒表情が柔らかくなり、その後「稼働検査」。

肩関節の伸展/内旋時、痛みが発生。
よって、屈曲/外旋位での「カウンターストレイン」を実施。および、大胸筋の「筋エネ」。
⇒仰向けで寝れるようにまで良くなった。
 しかし未だ、呼吸時の痛みが残る。

肋骨を周りから包み込むように両手で押えると、痛みが出ない。
⇒「テーピング(ホワイト)」を実施(胴囲が呼吸時広がらないように、やや締め付ける)。
⇒ほぼ、痛みが取れる。

【分析】
 当初、「広背筋」「小円筋」など背部の浅層筋群の筋挫傷と思ったが、実際は「肋間筋」の挫傷だったと思われる。これにより、呼吸時の痛みがこの筋肉だったと容易に想定できる。

【指導】
◎ アイシング(冷湿布など)
 (熱感を持っているため、冷やすことでまず、痛みを押さえる。これにより、「安らかな睡眠」を確保する。)
◎ テーピング(ホワイト)
 (呼吸の際広がる肋間を固定することで、痛みの発生を最小限に押さえる。)
◎ 筋トレ(大胸筋)
 (今回痛みの出ている背部。その裏面である胸部の筋肉を通常以上に活用。そうすることで、挫傷を起こしている背部の「休息」を促す。)

※ 注意:この【施術】法は万人向けではありません。
 ⇒ このように当院では、個々人に合わせて【施術】法を選択しますので、施術前には必ず【問診】【検査】そして、【施術】法の確認(説明・合意)を行います。
   
  この内容についてご不明な点は、電話などでお尋ねください。
  症状の悪化を未然に防ぐために、医療機関でのレントゲン/血液・尿検査も併用しています。
【 2008/12/31 18:30 】

| 治験例 | コメント(0) | トラックバック(0) |
●治験例(7) ヒザ痛
膝痛


70代女性。職業;主婦
身長160cm,体重75kg お酒:×,タバコ:×
【悩み】
歩行時、膝が痛む。今回は旅行のために、整体に通って揉んでもらってきた。
海で泳いだ際、筋力不足、および体重が重すぎるため、浜まで一人で上がって
来れない(友人に抱えてもらいながら上がってくる)。

【視診・問診・検査】
*表情;基本、元気。ただ、「膝がよくなったら、もっと楽しいのに・・」と大人しめ。
*体重変化;無し。
*食欲;有り。
*既往歴;手術等も無し。

*階段の上り/下り;どちらも、しんどい。
*膝サポーター;着けたり着かなかったり(夏場は暑いから、着けないことが多い)。
*趣味・運動;水泳。シュノーケリング(週2.3回)。※今回は、水泳仲間と旅行
(シュノーケリングツアー)。
*稼動域検査(Range of Motion);膝関節。屈曲進展/内外旋/内外転/圧迫牽引。
いずれの動作も痛みなし。

【方針】
 階段の上りの際は、太ももの表の筋肉(大腿直筋)を使用。この筋は、股関節の
高さから膝を越えてスネの上端までつながっている。すなわち、膝を守って
くれている筋肉
。この筋が弱れば、即<ひざ痛>の原因となりやすい。
 また、階段の下りの際は、全体重が片方の膝にかかる。尋常でない過重となる。
その際は、先ほどの筋肉も負担となるが、「膝の半月板」や「軟骨(大腿骨・脛骨)」
にも負担がかかり、傷んでいれば痛みを発する。
 
 「大腿直筋」は、トリートメント筋エネを行う
ことで、普段より筋力を増強させる(目覚めさせる)。
 「半月板」「軟骨」に対しては、牽引(けんいん)法を行うことで、
関節のすきまを広げ、関節同士の当たりを柔らかくする。さらに、この牽引を行うこと
で関節内部の気圧が下がる。これにより、周辺部より
軟骨への栄養分である「滑液」を強制的に集める効果も期待できる。

【施術】
◎ 太もものトリートメント・筋トレ
◎ 膝関節の牽引法

⇒ 施術後、恐る恐る海の中へ。周りの友人も、そっと見守る。
  海の中では元気に、「海中アクアビクス」。
  そして、海から地上へ。

  周りの方が見守る中、自力で歩行。
  しかし、一度は転倒。友人が支えようとするが、本人は拒否。
  自力で立ち上がり、再び歩行。

  ついに、自力で浜まで上がることができました。(^○^)

【分析】
 「大腿直筋」「半月板」「軟骨」いずれにも効果はあったと思う。 
予定外の「海中アクアビクス」。
宮古島のキレイな海で行うアクアビクスは、いつものプールでやるより、楽しそう。
これも大腿直筋の筋トレになり、さらに良い結果が得られたのだと考える。

【指導】
◎ 太ももの筋トレ
 (アクアビクスなど、膝を伸ばす動きを多めに取り入れてもらう。家庭では、椅子
に座りながら膝を伸展させる。重りなどつけなくても、負荷はあるはず)
◎ 膝サポーター
 (暑い時期は嫌がる方も多い。しかし、膝の安定性にはかなりの効果をもたらす。
階段の昇降。買い物時など、膝に負担がかかる際には「これ以上悪化させない
ためにも、お勧めしたい。)

※ 注意:この【施術】法は万人向けではありません。
 ⇒ このように当院では、個々人に合わせて【施術】法を選択しますので、施術前
には必ず【問診】【検査】そして、【施術】法の確認(説明・合意)を行います。
   
  この内容についてご不明な点は、電話などでお尋ねください。
  症状の悪化を未然に防ぐために、医療機関でのレントゲン/血液・尿検査も併用
しています。
【 2008/12/31 18:25 】

| 治験例 | コメント(0) | トラックバック(0) |
●治験例(6) アトピー性皮膚炎
5ed7c943.jpg9a21d4b2.jpg






40代女性。職業;障害者指導員
身長165cm,体重55kg お酒:×,タバコ:×
【悩み】
15年前から全身にヒフ症状が出始めた。その後5年間悪化し続けたが、それ以降は良なったり、悪くなったり。現在に至る。

【視診・問診・検査】
 現状は写真(左)の通り(最も症状が悪い部位は手のヒラ)。仕事が徐々に忙しくなってきた。その間合計、6度の引越あり。現在、皮膚科、歯科に通院中。ステロイド、抗アレルギー剤を服用中。
これまでの病気・ケガ;中耳炎、ぜん息、交通事故によるムチウチ、左膝のじん帯捻挫。(40年前の)出産時、鉗子(かんし)分娩()だった。
*日常生活;不満はない。仕事も充実感あり。
*趣味・運動;エアロビクス、ヨガ(週2.3回)。 →横隔膜の状態良好。内臓には適度な刺激が日々、加えられていると考える。
*食生活;部屋の掃除、食事のバランスには気を使っている。 ペットは飼っていない。家/職場とも公害地域ではない。
*治ったら何をしたいか?;「楽になるかな・・」と。  →何かから逃避する理由としての発症とは考えにくい。
*眼瞼痙攣(ガンケンケイレン:まぶたの痙攣のこと)(+)  →ストレス状態のことが多い。
*舌診;先端部にやや歯痕あり。舌質はやや紫色。
*稼動域検査(Range of Motion);頚部に左回旋、右側屈制限あり。
*経絡(ツボ)検査;左腎経が実(+)。
)鉗子分娩について
 鉗子とは、2枚のへらを組み合わせてあるハサミのような器具のこと。陣痛が弱いなど難産の場合、これを使ってで赤ちゃんの頭を引き出す。赤ちゃんをすぐにでも出してあげないと、命が危険になってしまうため。

【方針】
 問診より、公害・不衛生といった外部要因による発症は考えにくい。そこで内部要因、体内の【免疫機構】の何らかの問題と考える。体内の【免疫】組織は、小腸(パイエル板)に多い、と考えられている。当然、食べ物が体内に吸収されるのは大半が小腸である。そのため、人体にとって害になるもの(輪ゴムの誤飲やばい菌など吸収していけないもの)かどうかを判断する機能がここ(小腸)にないと困る。害になるものまで体内に吸収してしまうと、もっと大変なことになってしまうため。

【施術】(現在6回目。およそ一週間隔で。一回当り施術45分)
そこで一回目はまず、オステオパシー療法による「小腸マニピュレーション」法を行う。

2回目(1週間後);ほとんど変化なし。
そこで今回は、小腸(内臓全般)の司令塔である脳の問題、と考えた。内蔵は自律神経(交感/副交感神経の切替)によって支配されている。走るとき(交感神経優位)は心臓の拍動を促進し、一方食べるとき(副交感優位)は胃の働きが活発になる。小腸も同様、このバランスが乱れると機能低下、および機能亢進(過剰・過敏)になってしまう。原因はいろいろあるが、ストレスによることが多い。
 今回は、前回の「小腸マニピュレーション」法、プラス「頭蓋仙骨療法」を実施。これにより、先程の自律神経(交感/副交感神経の切替)の障害を回復させ、症状の変化がどれだけみられるかを検証することにした。

3回目(三日後);「ヒフの調子がいい」と。
「関西への出張の翌日でも、疲れ方が違う(元気でいられる)」と。
好転しているため、同様の施術を続ける(現在も継続中)。

【分析】
 症状の経過を見つつ、少しずつ間隔を空けて施術を行う。いずれは卒業(=自己治癒)できる様になるように。現在1ケ月半経過。今回は、17日間あいだを空けた。その間出張など多忙のため、途中非常に悪化した。次回は間隔を1週間に戻すことにした(写真右)。

【指導】
◎ 腹巻き
 (冷えによる内臓、特に小腸の機能を損なわないように)
◎ 頑張りすぎない
 (気持ちが行き過ぎると、脳自体に負担がかかりすぎる。その結果、完治までより時間がかかってしまう。これまで長期間かかったのだからゆっくりと、という気持ちで)

※ 注意:この【施術】法は万人向けではありません。
 ⇒ このように当院では、個々人に合わせて【施術】法を選択しますので、施術前には必ず【問診】【検査】そして、【施術】法の確認(説明・合意)を行います。
   
  この内容についてご不明な点は、電話などでお尋ねください。
  症状の悪化を未然に防ぐために、医療機関でのレントゲン/血液・尿検査も併用しています。
【 2008/12/31 18:20 】

| 治験例 | コメント(0) | トラックバック(1) |
●治験例(5) 交通事故(右肩うずき)
60代女性。専業主婦
身長155cm,体重60kg お酒:×,タバコ:×
大便2回/日小便3時間おき 睡眠/7時間 血圧155/104脈拍71
【悩み】
交通事故(3ヶ月前)後、右肩が不自由。洗髪や背中をかく時に痛みが出る。毎晩うずく。

【視診・問診・検査】
視診;立位・座位とも、際立った問題は見られず。
通院歴;事故当日から2週間入院。MRI検査では、骨に異常なし。その後、接骨院で電気・牽引治療。便秘薬を服用中。熱感(-)。
これまでの病気・ケガ;腰椎椎間板ヘルニア、ぎっくり腰。
*趣味・運動;裁縫(ミシンかけ)、水泳
*眼瞼痙攣(-)
*稼動域検査(ROM);右肩関節の前屈、後屈、外転制限あり。
*整形外科テスト;バレリウ(-)、バルサルバ(+/-)、嚥下(-)、ライト(-)、アドソン(-)。棘上筋炎(-)、ヤーガソン(+)、脱臼(+)反応。

【方針】
整形外科テストにより、頚部の血管・椎間板・筋肉には問題は見られない。
肩部の筋肉(棘上筋、上腕二頭筋、広背筋、大円筋、後三角筋、棘下筋、小円筋、大胸筋)の筋スパズム(凝り)が稼動制限に影響。併せて肩鎖関節(円錐/菱形じん帯)の固着が可動性を抑えている模様。

【施術】(計5回。各60分)
※ 年齢的にも骨密度が充分とはいえないので、骨(関節)に対するアプローチは慎重でなければならない。
現在の稼動域を確認しながら、上記の筋肉の緊張を取り除く。交通事故による急激な衝撃がかかっているため、今回は「カウンターストレイン」を用いる。これはムチウチ、寝違いなどの症状にも有効。
初回は筋肉に対するアプローチのみで終了。
【評価】
ずいぶんと腕が上がるようになった。背中はまだかきにくい。

2回目(1週間後)
稼動域は、前回の範囲を維持。就寝時のうずきはある。
【施術】
同上。
【評価】
前回よりも背中は掻きやすくなった。

3回目(1週間後)
【施術】
筋緊張もほとんどなくなったので、「カイロプラクティック」による肩甲上腕関節、肩鎖関節の可動調整を行う。過去の検査では脱臼の陽性反応が出ていたが、逆にスクーター運転転倒時に手を地面に強烈に突いた模様。施術を行い、癒着を取除いた。
【評価】
背中は掻けるようになった。

4・5回目(各1週間後)
就寝時のうずきの確認、及び経過観察のため来院。
【施術】
筋肉に対するアプロ-チのみ。
【評価】
就寝時のうずきもなくなった。

【分析】
 今回は、肩鎖関節(円錐/菱形じん帯)の癒着が最大の原因だったと考えられる。
 長期間(今回は3ヶ月間)関節が固定されると、人体はその状況に「適応」しようとする。そのため、バンドの役目をする「じん帯」がしっかり固定され過ぎてしまったため、動くべき範囲まで動かなくなり、この症状が生まれたと考える。
 日常生活でも同様。普通の人は、バンザイのポーズはめったに取らないと思う。となると、上述と同様なことがいつ起きても不思議ではない。例えば、四十肩。予防のためには、「ラジオ体操」。これは全身の筋肉・関節を無理なく動かします。子供からお年寄りまで、しかも何十年も中身は変わっていません。変えようがない位素晴らしいものと言えるでしょう。まずは興味のあるものから始めてみましょう!そして、いろいろかじってみて〔続けられそうなもの〕を見つけてください

【指導】
◎ ベランダ体操
 (肩関節の後屈、外転を意識しながらストレッチ)

※ 注意:この【施術】法は万人向けではありません。
 ⇒ このように当院では、個々人に合わせて【施術】法を選択しますので、施術前には必ず【問診】【検査】そして、【施術】法の確認(説明・合意)を行います。
   
  この内容についてご不明な点は、電話などでお尋ねください。
  場合によっては、医療機関でのレントゲン/血液検査等を先にお願いすることもあります。
【 2008/12/31 18:15 】

| 治験例 | コメント(0) | トラックバック(0) |
●治験例(4) ぎっくり腰
28代男性。職業;サービス業
身長165cm,体重65kg(ここ1年で10kg減) お酒:×,タバコ:20本/日
大便1回/日(下痢ぎみ)小便3時間おき 睡眠/5時間(寝つきが悪い) 血圧105/57脈拍84
【悩み】
昨晩、風呂場で滑った。その後、座位・立ち上がり時に腰が痛い。慢性的な腰痛もあった。

【視診・問診・検査】
 立位で、右肩が大きく上がっている。
安静時痛(-)、立位時痛(-)
これまでの病気・ケガ;腰椎椎間板ヘルニア、右膝ねん挫。
*趣味・運動;定期的には何もしていない。
*治ったら何をしたいか?;別の部署に行きたい
*眼瞼痙攣(+)
*稼動域検査(ROM);腰部左側屈制限あり。
*経絡(ツボ)検査;右大腸経が実(+)。左下腹部に筋スパズム(凝り)
*整形外科テスト;側わん(-)、SLR(-)、バルサルバ(-)

【方針】
整形外科テストにより、今回の腰痛はヘルニア(椎間板の突出)によるものではない、と判断。腰部の筋肉・筋膜の問題とみる。

【施術】(90分)
 昨晩からの症状(発症後72時間以内)のため、まず①アイシング。その後腰部の筋肉を②緩める(ストレッチ:伸ばすの反対)「筋膜リリース」療法。これらにより、血管を拡張させた。P物質(痛みの原因)を静脈流にのせて回収し、動脈流によりタンパクなどの栄養を運ぶ。そうすることで、傷んだ筋繊維の修復を促進させる。

まず、「筋膜リリース」法を行う。
その後、腰部(後面)の負担を減らすために、腹部(前面)の筋肉を強化(活性化)し腰部をカバーする。そのために腹筋(腹直筋と大腰筋)をしてもらう。自前の“コルセット”作り。

【評価】
少しは楽になったが、腰部の左側屈時まだ制限がある。

そこで、腰部とは別の問題、と判断。
*経絡(ツボ)検査;右大腸経が実(+)より、右前腕に着目。肘の内側のツボ「曲池(キョクチ)」に陽性(実)反応あり。左回りで溜まり過ぎた気を抜き、再度腰部の左側屈検査を行う。

今度は、痛みがほとんど消えていた。

【分析】
 今回は、腰部の筋肉の問題もあったが、大腸(特に、S字結腸。直腸付近)の問題もあったと考えられる。大腸の前半部分は便自体に水分を多く含んでいるが、後半部分では水分が吸収され固形となっていく。この機能が衰えると、水分が充分吸収されず「下痢」となる。睡眠不足(寝つきの悪さ)が、脳→脊髄→仙骨→S字結腸の信号(自律神経)の誤作動を起こしたとも考えられる。

【指導】
◎ 腹巻
 (内臓、特に大腸の機能を損なわないように)

※ 注意:この【施術】法は万人向けではありません。
 ⇒ このように当院では、個々人に合わせて【施術】法を選択しますので、施術前には必ず【問診】【検査】そして、【施術】法の確認(説明・合意)を行います。
   
  この内容についてご不明な点は、電話などでお尋ねください。
  場合によっては、医療機関でのレントゲン/血液検査等を先にお願いすることもあります。
【 2008/12/31 18:10 】

| 治験例 | コメント(0) | トラックバック(0) |
● 治験例(3) 顔(右アゴ)が痛い
60代女性。専業主婦
身長155cm,体重55kg お酒:少々,タバコ:×
【悩み】
一ヶ月くらい、アゴが痛い。不安で歯医者耳鼻科にも行ったが、心配ないと言われるだけ。レントゲンも撮ってもらったが、歯(歯根)もしっかりしている。

【視診・問診・検査】
顔色、表情、肉付きは以前と変わりなし。
お盆に親戚が集まり忙しかった。その後、悪化した。最近は以前よりマッサージに行ってない。
血圧、脈拍:正常。頚椎の稼動時に痛みが発生。

【施術】(計30分)
問診・検査 で安静時に痛みが出ないことから、感染・内臓疾患(特に肝臓・腹膜、膠原病)、遺伝子疾患は可能性として低いと判断。
長年もつ右肩こり(上部僧帽筋の緊張)により、後頭骨(頭蓋骨の一番後ろ)が引っ張られ、その横を通る顔面の知覚神経(三叉神経;第Ⅴ脳神経第3枝が異常に刺激された。
その神経の出口(卵円孔)を正常な大きさに戻すため、穴を構成する骨(後頭骨と蝶形骨:コメカミの辺り)の位置(ポジション)を調整する。力加減は、片手を軽く乗せるくらい(手引書では5g)。併せて、頚椎の牽引(けんいん)を行った。

【施術後の評価】
まったく痛みがない。
(親戚たちの不満・愚痴を吐き出せたこともあって、気分爽快)

【分析】
主に肩こりの施術を行ったため、肩こりの延長で再発する可能性はある。
しかし、歯疾患、内臓(心)疾患などでも十分に起こりうるので、その都度鑑別は必要。

【指導】
◎ 手枕
 (テレビを見るときは、手枕をして横になって見るのではなく、イスに座り両目でテレビの正面で見るようにしましょう)
◎ 運動
 (首を回すなど、日頃からコリを貯めすぎないよう心がけは必要。マッサージなどでも可)

※ 注意:この【施術】法は万人向けではありません。
 ⇒ このように当院では、個々人に合わせて【施術】法を選択しますので、施術前には必ず【問診】【検査】そして、【施術】法の確認(説明・合意)を行います。
   
  この内容についてご不明な点は、電話などでお尋ねください。
  場合によっては、医療機関でのレントゲン/血液検査等を先にお願いすることもあります。
【 2008/12/31 18:00 】

| 治験例 | コメント(0) | トラックバック(0) |
● 治験例(2) (座り込んでしまう)
25歳男性。学生。
身長170cm,体重60kg お酒:少々,タバコ:10本/日
【悩み】
ここ2週間、立っているのがシンドイ。腰痛もある。駅で電車を待っていても、1~2分立っているだけでしんどく、座り込んでしまう

【問診の中で、】
そう言えば2週間前、長時間の車の運転をした。その後ツライ。
痛みは腰部のみ。お尻や足への痛みはない

【検査の中で、】
立位からのけぞる姿勢がツライ。   以上の点が特に気になりました。

【施術】(計30分)
問診検査 で腰の前彎(わん)がきつく(=反り過ぎ)、これが腰だけの痛みを作りだしている、と考えました。
この腰の過前彎(わん)を正常に戻すため、まず大腰筋(だいようきん。腰と股のつけ根をつなぐ筋肉。これが凝ってくると緊張し、お互いを引っ張り合う。よって、立った姿勢では反り返ってしまう)の緊張を取除くため、筋エネルギー志向テクニック、ストレッチ、股関節の牽引法、促通位・筋膜リリース法を行いました。すると引っ張り合う力が軽減し、仰向けで寝ても腰はぴたりと床についていました。更に腰の反りを作りやすい大腿直筋(だいたいちょっきん。骨盤のコシボネと膝下をつなぐ筋肉。これも緊張すると骨盤が前方向に回転し、腰の過前彎(わん)ができやすい。)も同様に施術しました。

【施術後の評価】
施術後、暫く立ち続けてもらいましたが、10分経っても問題はありませんでした。

【分析】
本人は「腰(後ろ面)に問題がある。」と考えていたが、実際施術を行ったのは腹部(大腰筋)・太もも(大腿直筋)。いずれも前の面でした。
このようなことは、問診・検査を行わない限り判らなかったでしょう。もちろん、普通に後ろ面だけの施術では、症状の改善も見られなかったと思います。

【指導】
◎ 腹筋の強化
 (腹直筋は、みぞおちと恥骨をつなぐため、しっかりと力が入れば骨盤の前方回転は予防できます。これを狙います)
◎ 一輪車、バランスボール、ムービングディスクの上に立つ
 (いずれもお腹に力を入れないとできません。こうすることで、腰への負担は軽減されます
◎ 太もも前面のストレッチ
 (これも、骨盤の前方回転の予防を狙います)

【参考】 
たとえば、
▼ ハイヒールを履く人
▼ 妊婦、お腹の出た人
▼ 後軸加重(つま先でなくかかとに重心を主に置いて立つ)人

これらの方も、同様の原因が考えられます。

※ 注意:この【施術】法は万人向けではありません。
 ⇒ このように当院では、個々人に合わせて【施術】法を選択しますので、施術前には必ず【問診】【検査】そして、【施術】法の確認(説明・合意)を行います。
   
  この内容についてご不明な点は、電話などでお尋ねください。
  場合によっては、医療機関でのレントゲン/血液検査等を先にお願いすることもあります。
【 2008/12/31 17:00 】

| 治験例 | コメント(0) | トラックバック(0) |
● 治験例(1) (生理痛)
32歳女性。エステティシャン。子供2人。
身長160cm,体重50kg お酒:少々,タバコ:× 趣味:サーフィン
【悩み】
最近、サーフィンに行って腰が重い。生理痛もだいぶ前からひどい。それと出産後、以前のジーンズが穿けなくなった。(体重はちゃんと元に戻っているのに・・・)

【施術】(計60分)
いくつか問診・検査をおこなった後、腰部・下腹部の筋肉の調整。そして、骨盤内(特にぼう胱や子宮をつなぐ筋肉)のをリラックスさせるポーズを3分ほどとってもらう。
1週間後に体調を尋ねたところ、腰の重ダルさはまだある。しかし、生理痛はなくなり、ジーンズも穿けるようになった、と。

【分析】
★ 腰の重ダルさは、職業的に辛い姿勢をとる事が多いため、日々筋組織への疲労蓄積があると考えられる。
★ 生理痛は、骨盤内の筋肉の“コリ"が子宮自体の活動に制限を加えていた、と考える。
★ ジーンズも、骨盤の靱(じん)帯〔背骨と交わるところ=前/後仙腸靱帯〕が出産時に緩み、その後関節が歪んだ状態で元の長さに戻ったと考える(産後のこの症状は、非常に多く見られます)。

※ 注意:この【施術】法は万人向けではありません。
 ⇒ このように当院では、個々人に合わせて【施術】法を選択しますので、施術前には必ず【問診】【検査】そして、【施術】法の確認(説明・合意)を行います。
   
  この内容についてご不明な点は、電話などでお尋ねください。
  場合によっては、医療機関でのレントゲン/血液検査等を先にお願いすることもあります。
【 2008/12/31 16:00 】

| 治験例 | コメント(0) | トラックバック(0) |
☆当院の方針・紹介☆
     cc7e7552.gif
 







 
目的別で、コース/料金の設定を行っています。
【コース/料金】
★「ここ凝ってます!」コース
  (クイック:30分2,000円、凝り性さん60分3,980円)
・・・ タイ古式マッサージや中国式整体術、関節モビリゼーションなどで全身の細胞に蓄積した「疲労物質」を取除きます。さらに、滞っていた血流の改善により不足していた「栄養」の補給を促します。
  (痛みのある場合は、⇒「悩」コースになります)

★★「悩んでます。」コース(75分4,980円)
                  ※ 問診・検査も付いて安心倍増。
・・・ 問診、ツボの反応、整形外科検査法を行った上で、問題を起こしている部位を探し出します。それから、関節の矯正・横隔膜・内臓機能の調整、骨盤・腸セラピーリンパ・脳脊髄液の循環促進などの施術法の中から「どの方法が向いているか」双方で相談した上で、施術プランを選んでいきます。
  施術後は再発防止のために、その方にあった《生活指導》を行います。
     (いずれのコースも誕生日/紹介者割引あり

《お願い》
当院では施術前に、現在のお身体の状態を把握する為に、いずれのコースも[問診票]のご記入をお願いしております(ご予約時間の前、5~10分程度余裕をもってお越し下さい)。

☆足湯コース 20分200円 ※初回のみ。2回め以降は300円

       『期待を上回るサービス』   をモットーに施術いたします。
       ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【使用テクニック】
  ● ワットポー・タイ古式マッサージ (ヨガに由来。やや強め)
  ● オールドメディスンホスピタル・タイ古式マッサージ (やさしめ)
  ● 腸セラピー/骨盤セラピー <内臓マニピュレーション>
     (便秘やダルさ、アレルギーのあるかた向け)
  ● 脳セラピー <頭蓋仙骨療法>
     (頭と身体がスッキリ!目がパッチリ!)
  ● カウンターストレイン (寝違い、むち打ちなど急性の症状に)
  ● トリガーポイント療法 (実際は、痛みと離れた所に原因が・・・)
  ● 中国式整体術 (“刺激を求める”疲労しきったカラダにはお勧め)
  ● PNFストレッチング<固有受容性神経筋促進法>
     (しんどいけどなぜか楽になる)
  ● 促通位リリース療法 (痛すぎてストレッチなんかできない場合に)
  ● 筋・筋膜リリース療法
  ● 筋エネルギー志向テクニック (あえて動いてもらいます!)
  ● カイロプラクティック
     (“脳内ホルモン”を刺激し、気分はもう爽快に!)
  ● 関節牽引法 (ヒザ、股関節、頚椎、腰椎に主に使用)
  ● キネシオ・テーピング法 (足首のネンザや靱帯の損傷に)
  ● オステオパシー (よみがえり)
【資格等】
  ● 健康管理士一般指導員
    (内閣府認証 NPO法人日本成人病予防協会 正会員)
  ● 大阪市内の病院・機能回復部 担当 (勤務歴2年)
  ● 大手スポーツクラブ インストラクター (勤務歴2年)
  ● ライフセーバー SP. (BRITISH SUB-AQUA CLUB)
  ● オープン・ウオーター・ダイバー (PADIダイビングライセンス)
  ● アマチュアボクシング全国大会 
    (フェザー級・ライト級で2大会連続出場)
  ● アドラー心理学 (とにかくプラス思考で!)
  ● 解剖実習 (28時間 大阪医科大にて、検体を用い実施)
の経験を加えた施術を行います。

【開院時間】
      ◎ 月~金: 朝9~夜9じ  (最終受付:夜8じ)
      ◎ 土曜 : 朝9~夕方5じ
        〈予約優先〉休診:日祝
  ※ 曜日時間外・出張往診などもご相談ください。

【TEL】 092-401-0200
【Eメイル】 tai4kimasuda@yahoo.co.jp
【 2008/12/31 15:00 】

| 料金など、コース紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) |
治療風景
c40531d1.jpg①タイ式マッサージの由来である『ヨ-ガ』を取り入れたこのポーズ。
一人では難しいので、術者が手伝ってポーズをとります。
特に【腰痛】の方には、うってつけです。








68d2b7e8.jpg【肩こり・頭痛】の方向け。
(癒されて眠ってしまう方も多いです)
【 2008/12/31 13:55 】

| 写真(院内) | コメント(0) | トラックバック(0) |
施術エリア②
fc9cc7ed.jpg外(ベランダ側)からは、ロールスクリーン・ラティスで目隠し(見えないように)しております。
【 2008/12/31 13:50 】

| 写真(院内) | コメント(0) | トラックバック(0) |
入り口
83058dc2.jpgここからまっすぐ問診ルームへ向います。
観葉植物がみなさまをお迎えします)
【 2008/12/31 13:45 】

| 写真(院内) | コメント(0) | トラックバック(0) |
問診エリア
6c746bb3.jpgまずはこちらでお話をします。
今の症状が出た経緯を聞き、原因を探ります(行き先が分からないとタクシーも走れませんね)。
【 2008/12/31 13:40 】

| 写真(院内) | コメント(0) | トラックバック(0) |
トレーニング場
9058a3f9.jpgいろんな設備が揃ってます。
【 2008/12/31 13:20 】

| 写真(院内) | コメント(0) | トラックバック(0) |
地下鉄/JRからの道順(案内地図)
cc7e7552.gif(← 地図をクリックすると拡大します)
(↓詳細図はこちら)
http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=route&uc=1&el=130/25/10.899&nl=33/
35/19.772&scl=10000&dist=apg552xzd553
,aoW734xzi595

◎ JR博多駅(博多口)より徒歩8分
◎ 地下鉄祗園駅(⑤出口)徒歩2分

ところ
 〒812-0038
  福岡市博多区祇園町4-3 チサンマンション1F
         (商工会議所・博多警察署まえ)
 ※ 博多味処「大しま」さんの隣りです。
 ※ チサンホテルではありません。よく間違われますのでご注意下さい。
【TEL】 092-401-0200
【Eメイル】 tai4kimasuda@yahoo.co.jp
【 2008/12/31 13:10 】

| 地図/アクセス | コメント(0) | トラックバック(0) |
この看板を目じるしにして下さい。
d9ea7e28.jpg商工会議所・博多警察署向い(チサンマンション1F)にあります。
頑張って見つけてください。
【 2008/12/31 13:00 】

| 写真(院内) | コメント(0) | トラックバック(0) |
外観(チサンマンション)
dba9acab.jpg博多区役所、博多警察署、商工会議所の向いです。
【 2008/12/31 12:00 】

| 写真(院内) | コメント(0) | トラックバック(0) |
近況(オキナワ)
オキナワに来て、3ヶ月。

いろいろ手探りで活動しています。
こちらは暖かいので、半袖・ビーチは当たり前。

ビーチでマッサージもまずまず好調
本土のみなさんも、メンソーレ
【 2007/10/29 22:43 】

| 最近の「気になる情報」 | コメント(0) | トラックバック(1) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。